株式会社WITS ロゴ

MEMBER役員紹介

教育を通して、日本を良くする

代表取締役

喜多野 正之MASAYUKI KITANO

CEOの仕事

CEOの仕事

日本語では「最高経営責任者」と訳されます。経営責者であるCEOは会社の経営方針や事業計画など長期的な経営事項の責任を負います。会社を創立し、それぞれの部をまとめ、WITSという会社全体を指令する会社の頭脳のような役割を担う仕事です。
タイプの違う人材の個人の強みや弱みを上手に引き出し、マネジメントをすることも重要な役割となります。

喜多野 正之 社長の会社に対する思いの強さが決め手
新卒1年目は、医療系のメーカーに入社しました。就職氷河期と呼ばれる時代でしたが、合計7社から内定をもらいました。その中でどこに行くか悩みましたが、最終的には社長の会社に対する思いで決めました。
入社を決めた先の社長は、会社や事業に対する思いがすごく強い方でした。その方の親が創業者だったのですが、ご自身の親や行っている事業をすごく尊敬されていました。また、視力が不自由な方だったので、そのうえでの経営の難しさを伺わせて頂いたのですけれども、その時に「自分は会社の創業の思いを理解してくださっている社員の方々に、本当に支えてもらっていて、自分は生かされています。」という風に仰っていました。そういう社長像を見て、自分はサラリーマンとしてこの社長、この会社を支えていこうと感じて、入社を決めました。

靴底をすり減らし、独立のノウハウを吸収した時代
入社4年後に社長が交代しました。その社長は前社長の親族だったのですが、会社に対する思い入れが薄く、社長が交代することで社員も変わってしまいました。社長に対して経営提案を行う中で、段々と自分が経営をしようという思いが強くなり、独立を決意しました。ただ、その時にどの業界で独立をするかまでは全く決まっていませんでした。
そこで、色んな業界を知るためにコンサル会社に転職を決め、実際にそこでは法人営業を行っていました。1年間で200社ほど訪問したりしていましたね。
そういう経験の中で、すごい会社とそうでない会社の違いが分かるようになりました。すごい会社は真似することは難しいのですが、だめな会社がやっていることを真似しないことは出来ると思いました。独立することへの自信はつきましたね。

喜多野 正之 「君のお父さんはどんな仕事をしているの?」と問いかけていく
10個ほどビジネスモデルを考えて、それをお客さんである会社の社長に提案したら、「うちの会社でやりなよ」と3社ほどから言われたので、コンサルの会社を辞めました。そこで、ベンチャーのスタートアップの会社に入ったのですが、その3社とも倒産してしまったのです。何がダメだったのだろうと考えた時に、2代目3代目の社長が会社の組織化や仕組み化など色々な取り組みに対する勉強をしていなかったことに気づいたのです。自分が社長の息子や長男で生まれたことに対して、備えがないのかなと思いました。そこで、小学生ぐらいの時から、自分のお父さんの仕事を理解して、将来それを継ぐための準備や覚悟をし始めて勉強をしていったら、きっと日本の中小企業はもっと良くなると思いました。そこで、塾という仕事から子供たちを通じて、日本の中小企業を良くし、更には日本の世の中を良くしようと決意しました。

喜多野 正之 十人十色、全然違うタイプの社員を繋ぐもの
そうして、塾という業界に決め、独立もしましたが、次に必要になってくるチーム作りに取り掛かりました。大人になっても学びを続けられる人材をどんどん輩出して、結果的に日本を良くしていきたいという思いを話すことで、自分の考えに共鳴してくれる人を探しました。
バイトを掛け持ちしながら役者を目指していた櫨、起業センスがあり飽きてはそれを人に譲っていた吉田、「はい」しか言わない気骨のある若者の近藤、昔の同僚で経営を熟知する高野。4人は、入ってきた経緯もタイプも全然違います。
そんな4人が役員として、それぞれ同じ目標をもってやってこられたのは、代表である私が会社の方向性をしっかりと指し示し、それに共感してもらえたからだと思います。コンサルタント時代に、イケてる会社は理念をしっかりと体現されていることを学んだので、理念というものをすごく大事にしています。

どんな人に来てほしいですか?
塾業界でいえば、百何十教室もやっている会社なので、大手とみなされていると思います。ただ、自分の目標は今後1万教室ほどに展開しようと思っているので、塾業界で大手だから安定しているという感覚で捉えている人がいるとするならば、少し考え方を変えていただきたいなと思います。
そして、日本を良くしたいという思いを持って、そのために何をするかをしっかり考えられる人に来ていただきたいと思っています。勢いをもって自分自身が問題を解決していく、または今何が問題なのかをしっかりと考えていける方と一緒に働きたいと考えています。そうゆう方は、誰でもウエルカムな会社です。

MESSAGE メッセージ

塾での生徒だけでなく、自分の社員にも将来の展望や思いを持って頂きたいと考えています。私と一緒に、世の中を良くするために何かをしたいという思いを持った方と、切磋琢磨し様々な事業に挑戦できることを楽しみに待っています。
コミュニケーションの中で新しいものが生まれると思っているので、ぜひ弊社にふらっと遊びに来てくださいね。

カジュアル面談に申込む

WITSの他の役員を見る

私たちと一緒に働きませんか?

WITSにはあなたの力を発揮するフィールドがあります

RECRUIT